成分 アミノ酸 血流

ペニス増大に必要な血流改善には2つのアミノ酸

アミノ酸

 

ペニスが大きくなるには「血流」の改善と「海綿体細胞」の増殖が必要だとお話しました。

 

勃起とはペニスに血液が溜まり、ペニスの海綿体細胞が血液を吸収して膨張するために起こる生理現象です。

 

そのため、ペニスを大きくするには
1、血液をサラサラにする
2、ペニスへ流れ込む血液量を増やす
3、海綿体細胞を増やし大きくする
4、ペニスが溜めこむ血液が増えてペニスが大きくなる
という過程が必要です。

 

まず血流を改善するために、ゼファルリンは2つのアミノ酸を配合しました。
その2つとは、シトルリンとアルギニンです。

 

この2つのアミノ酸の秘密に迫ります。

 

◆血液をキレイにするには血管が大事
血流を改善するためには、血液をサラサラにする必要があります。

 

血液は川の水と同じです。
流れが悪く、同じ場所に滞っている川の水って汚れて濁っていますよね。
川にゴミがあったり、障害物があると水の流れも悪くなるので、さらに汚れていきます。

 

血液も一緒です。
血液が水、血管が川です。
血液が濁ってドロドロになると、血液循環が悪くなります。
血液循環が悪くなると、血管に血の塊(血栓)が付着して、さらに血流を悪くします。
血流が悪くなるとさらに汚れて血栓ができて・・・と、悪いスパイラルに陥ってしまうのです。

 

血液にとって何が大事かというと、血管が広がっていること。
血管が広がっていると、血管内の血液も循環しやすくなります。
循環が良くなれば血液もサラサラになって、血管内の余分な汚れなどが排出できるので、さらに血液がきれいにサラサラになります。

 

 

◆血管を広げる効果のあるシトルリンとアルギニン
血管を広げるためには一酸化窒素という物質が必要です。
一酸化窒素は体内で生成される物質で、血管をしなやかにして広げる効果があります。
1998年には一酸化窒素が健康に有用だということで、研究チームのフェリド・ムラドさん、ロバート・ファーチゴットさん、ルイ・イグナロさんにノーベル賞が送られています。
バイアグラにも使われていて、精力増強のために有効利用できないか、今も研究が盛んに行われています。

 

一酸化窒素を増やすにはシトルリンとアルギニンが必要です。
アルギニンが体内に入ると酵素と結合してシトルリンに変化します。
その際、一酸化窒素を生成します。
シトルリンはアルギニンに変化し、そのアルギニンはまた酵素と結合してシトルリンに変化する時、一酸化窒素を生成します。
そのシトルリンは・・・とシトルリンとアルギニンの化学変化によって一酸化窒素を効率的に生成することができるのです。

 

血流改善にはシトルリンとアルギニンは欠かせない存在なのです。

 

続いては「ペニス増大には海綿体細胞を増殖する2つのアミノ酸が必要」です。

 

 

アミノ酸の力でペニス増大!ゼファルリンの公式サイト